So-net無料ブログ作成

それぞれの土地で・・・ [我が心のFootball]

最近、俺の友達が一つの夢を叶えた。
そして、もう一人の友達は地球の裏へと旅立って行った。
二人共 近くのサッカーショップで知り合った、
古くからサッカーを心より愛している友達だ。

その友達は98年、一人ローマに旅立って行った。
「一足先にヨーロッパに行ってますんでフランスで会いましょう」

帰国した彼はイタリア語を生かしたサッカー関係の仕事を
探していたが、サッカー後進国では中々見付からず、
イタリア語の辞書の出版会社に勤める事になった。
そして先日、彼はイタリア・カルチョ(サッカー)を主に扱っている出版社に
就職が決まり、現在はイタリアでの買付けを任されている。
新しい土地で仕事と向き合っていくのは決して楽な事ではない。
でも、大丈夫でしょ!
彼は心底サッカーを愛しているし、彼にとったら第二の故郷みたいな
もんだろうから。今は心配より本物のサッカー人が
日本サッカー界に携わってくれた事の喜びの方が大きい。
がんばれ “FORZA !!”

もう一人の友達はサッカー関係の仕事に就いてはいたが、そこに彼が求めた
サッカーは無かったんだと思う。
今頃は、必ず彼が求めているサッカーと巡り会ってるに違いない。
彼が向かった先は、あのブラジルなんだから。
いつになるか分からないけど、彼がブラジルで見付けたサッカーの話を
聞くのが、今から楽しみでしょうがないよ。。

旅立つ者も居れば帰って来る者も居る。

“うっちゃん”が東京に帰ってくる(^^)

先にも書いたが知らない土地に移って一人 仕事と向き合うのは、
大変な事だった と思う。
慣れるまでに相当辛い事も有っただろうしね。
お帰り~!
また、サッカーやろうぜぃ!!




中田英寿 覚 醒? [我が心のFootball]


HIDEがいよいよトップコンディションに戻ってきたんじゃない?
先日のプレミア、対ポーツマス戦のパフォーマンスは目を見張る物があったし、
トラップ、ドリブル、パス、シュート、どれを観ても “らしさ”が出ていたよね。
HIDEの調子がいい時って、ボディーバランスが抜群にいいじゃん。


97-98 LEAGUE 1  Paris Saint-Germain 〔LEONARDO〕
鹿島からパリに移った頃のレオナルドのPass & go。


98 UEFA CHAMPIONS LEAGUE JYUVENTUS 〔Z.ZIDAN〕
ユベントス時代のジダンも柔軟かつ抜群のバランスだった。

HIDEはここ2.3シーズンを苦汁を飲まされていたから、
PREMIER LEAGUEの舞台で思い切り躍動してほしい。
そして来年までに更に試合感とコンデションを上げていって
もらいたいね。


1999.10.14 Sydney Olympics preliminary Kazakhstan
〔HIDETOSHI NAKATA〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

読書の秋には・・ [とある風景]

地下鉄 日比谷線の広尾駅を下車して神戸屋の並びに進んで行くと、
takeoutするのに手頃なshopが数件ある。
晴れた日には、近くの有栖川公園で食べるのも気持ちが良い。

 
   

公園に入り、池に沿って右手に進んで行く。
 


この広場を抜けて行った先に都立中央図書館がある。

 
図書館入口。少し季節が先に行くと銀杏も色づき、3階から見える景色は中々。


公園入口近くにあるナショナルマートでも寄って海外の食材とビールでも
買って帰れば、意外と静かな1日を過ごせるのでは・・

都立中央図書館休館日
10月 61625
11月 102025


São Paulo F.C. [我が心のFootball]

  A Grande Paixão da Família Mendola

 http://www.spfc1935.blogger.com.br/


Campeão Mundial Interclubes 1992
Em pé: Adílson, Zetti, Ronaldo, Vítor, Pintado, Ronaldo Luís e
Toninho Cerezo; Agachados: Müller, Palhinha, Cafu e Raí.


Campeão Mundial Interclubes 1993
Em pé: Zetti, Dinho, Ronaldo, Cafu, Leonardo e Toninho
Cerezo; Agachados: Müller, Doriva, Válber, Palhinha e André.


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Toshiya Abe [映画 & 音楽 + TV]

今回 紹介するCDは、友人Toshiyaが生み出す美しい音色の一枚。

元々モルジブの写真展のBGMに使われていた音だから、
例えば「あ~今日も仕事、明日も仕事・・・疲れたな~」とか
「どこか南の国に行きたいな~」とか、
そんな気分の時に聞いたらいいと思う。
もう足首まで透きとおった海水に浸かったようなもんだから。

Toshiya のギターは温かい人柄が出ている。
ホントお勧めです。

↓ Toshiya のホームぺージ
http://homepage1.nifty.com/yuna/toshiya/top.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FC.TOKYO [我が心のFootball]


久しぶりにTOKYOの試合に行って来た。
正直言って内容はお粗末以外に言葉が見付からない。
TOKYOの場合は降格争いといっても現実味をおびないし、
現在の順位では試合に対しての動機付けも難しいと思うけど・・・。
抜本的な改革が無い限りASIAでトップに君臨するのは遥か先のような
気がしてならない。
Jリーグを勝ち抜く力も無いのにASIAで頂点に立つというのは
虫の良い話かもしれないけど、TOYOTA CUPが現在のような
オーストラリアを含む6大陸のチャンピョンで争える形になったからには、
志だけは そのカップを見据えていてほしいものだ。
そういった意味では鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、浦和レッズ?が
一歩進んでいると思う。後のクラブは横一線。
資本的な問題も山積みなんだろうけど、クラブステータスを上げるヒントは
少し周りを見渡せば幾らでもあると思う。
積み重ねの先にある夢の実現に、クラブは本気で取り組まなければ
ならない義務がある。
Jリーグは世界に続いている。そのサッカーの世界がクラブ関係者には
どの様に写っているのか?

ASIA最大の都市に在るプロ・フットボールクラブなんだから、
FC.TOKYOには、世界を少しでも感じさせてもらいたい。
これって焦り過ぎなんだろうけど・・・

ファンに雰囲気が有るだけに残念でならない。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

代表 [我が心のFootball]

いやー、それにしても物凄い点の取り合いだった。
ホンジュラスの攻撃力がある程度高い事は、前回対戦した2002年の時に
承知済みだったけど、攻撃に移った時の切れ味は遥かに今回の方が
上回っていたね。
失点の理由は様々だけど、ミスの上に成り立っているのがサッカーだったら、
この結果にも満足出来るものなのかも?ここ数年で一番 豪快かつ
エンターテイメント性に富んだ試合だったんじゃない?
2点取られても3点取って勝つ、3点取られても4点取る。
サッカーの醍醐味のような気がするし、しかも5-4の逆転劇でしょ。
昨夜 宮城に足を運んだファンは大満足なんじゃないかな?

最近 代表の試合を素直に楽しめる様になったかも。
あまりにも勝ち負けにこだわり過ぎて見てると、どうも楽しめなくなる。
まー、見方は十人十色だからどのスタンスが正しいとかはないと思うけど、
予選と違うんだから楽しく見れた方がいいと思う。
日本はすでにチケットを手にしていて来年には世界最大の祭典に
行くわけだし、祭りの最中 ずっと眉間にしわを寄せているのも
どういったものか。
誰が良かった、誰が悪い。時には必要だとは思うけど。

ドイツ大会でブラジルに勝つ?
イングランドに勝つ?

有り得るでしょ日本なら・・・

その時、心の底から喜べる!

そんな接し方がいいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホンジュラス Honduras [我が心のFootball]


●面積:112,492km2(日本の約3分の1弱)
●人口:686万人(03年)
●首都:テグシガルパ

●人種:ヨーロッパ系・先住民混血91%、その他9%(先住民6%、アフリカ系2%、ヨーロッパ系1%)
●宗教:伝統的にカトリック(信教の自由を憲法上保障)

【略史】
1502年 コロンブス発見
1539年 グアテマラ総督領編入
1821年 独立
1823年 中米諸州連合結成
1838年 中米諸州連合より分離独立
【軍事力】
(1)徴兵制に代え志願兵役制を導入
(2)兵力 12,000人(02年)
(3)国防費 54百万ドル(同国予算の2.7%)(03年)
【主要産業】
農林牧畜業(コーヒー、バナナ、メロン、養殖エビ、タバコ)
【失業率】
4.1%(02年)、5.4%(03年)、5.9%(04年)

【地域情勢】
治安状態が悪化しており、都市部を中心に、殺人・強盗等凶悪事件が多発。
殺人等犯罪による死亡者数は、2003年:3,742人、2004年:3,639人といずれも年間3,600人を越えており、これは、1日につき約10人が殺人等の犯罪被害に遭っていることになる。
2005年上半期の殺人等犯罪による死亡者数は1,633人で、昨年同時期の1,654人とほぼ同数で、依然として高水準で推移してる。行動には十分注意が必要。


〔Federación Nacional Autonoma de Fútbol de Honduras〕
設立:1951年
FIFA:1951年加盟
サッカー戦争:1969年

【サッカー戦争】
翌70年に行われるワールド杯メキシコ大会の予選において、ホンジュラスとエルサルバドルは準決勝でワールドカップ出場を賭けて対決。
第一戦は1969年6月8日ホンジュラスの首都テグシガルパで行われ、ホンジュラスの熱心なサポーターはエルサルバドル代表チームの宿泊するホテルの周囲で徹夜で騒ぎ立て妨害するなどの行為を行い、ホームチームのホンジュラスが1-0で勝利。
翌週、エルサルバドル首都サンサルバドルで第二戦が行われる。
エルサルバドルのサポーターはホンジュラス代表の宿泊するホテルにおいて同じように安眠を妨害する行為をおこなう。そしてホームチームのエルサルバドルが3-0で勝利。
この第二戦での妨害事件をきっかけにホンジュラスの政府は違法に入植していたエルサルバドル人の資産を凍結し国外退去命令を出し、当然エルサルバドルはホンジュラスの行為を激しく非難し、両国の国交は断絶という最悪の状況にまで発展していく。
一勝一敗で迎えた第三戦は6月27日に中立国であるメキシコの首都、メキシコシティで緊迫した中行われ、エルサルバドルが3-2で勝利し決勝へ。試合中から両国のサポーター同士は死者がでるほど激突し、終了後にはついに国境地帯で発砲が始まり、翌月7月14日にはエルサルバドルはホンジュラスより退去命令を受けていたエルサルバドル人の保護を名目にホンジュラスへ侵攻を開始。同時に空軍によるホンジュラスの航空基地への航空攻撃を開始するなど、サッカーから始まった衝突が死者3600人を越す戦争にまで発展した。



●FIFAランキング
39位 (Jul05)
●過去の対戦結果
2002/05/02 日本<3-3>ホンジュラス キリンカップ2002
●2005来日メンバー
GK:モラレス、ガルデン
DF:カバジェロ、イサギレ、バジェシージョ、フィゲロア
MF:ゲバラ、ゲレロ、マリン、オリバ、フェレラ、カストロ、ベリオス、ガルシア
FW:ベラスケス、マルティネス、ベガ

キリンワールドチャレンジ2005 インターナショナルAマッチ 
2005年9月7日(水) 19:20 宮城スタジアム KICK OFF


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。