So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ最終予選 Thai LANDにて・・・ [我が心のFootball]

今年一年を振り返ってみてまず頭に思い浮かぶのは、やっぱりタイへのアプローチと
向こうでのその時間。タイコなんて叩いた事なかったけど、本当に行って良かった。
来年も動きのある一年にしたいもんです。

2175831.jpg
6/4 一人Thai BANGKOK へ


恵比寿ウェスティン東京からからリムジンバスで成田


機上より


タイ国際空港に到着

2175847.jpg
ホテルからの風景

2175870.jpg
スパチャラサイ・スタジアム正門

2175867.jpg
スパチャラサイ・スタジアム正門 2

2175853.jpg
スパチャラサイ・スタジアム

2175871.jpg
スコール ジム・トンプソン前

2175875.jpg
スコール 2

2175877.jpg
6/6 試合二日前 公式練習

2175884.jpg
6/6 試合二日前 公式練習 2

2175885.jpg
又、何時か会いたい千葉から来ていた2人組み。気の良い2人だった。 

2175888.jpg
キャプテン

2175889.jpg
坪井と

2175891.jpg
柳沢 敦 二日後にゴール

2175893.jpg
浩二と

2175898.jpg
ZICO

2175901.jpg
スパチャラサイ・スタジアム12ゲート入り口


6/8 選手スタジアムに到着

2176204.jpg
12ゲート キックオフ寸前

2175905.jpg
ワールドカップ出場決定後のスタジアム

2175910.jpg
BTSナショナル・スタジアム st

2175918.jpg
日本へ

2175940.jpg
Thank you Thai LAND

2176243.jpg
日出ずる国  日本の夜明け

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドイツ大会・・・始まったかな? [我が心のFootball]

1930年から4年に1度(世界大戦中を除く)行われてきたワールド・カップ。
その度にオフィシャル商品、アン・オフィシャル商品など数々のサッカーグッズが出てくる。
現在、手元にある古いグッズで、ワールドカップを記念して発売された物は、
1966年ENGLAND大会のキーホルダー
表はボールの絵柄で裏にはジュールリメ杯が刻印されている。

このキーホルダーが作成されてから40年後の来年のドイツ大会でも数々のサッカーグッズが
巷に出回る事になるんだろうね。そして大会が終わる頃には思い出の品と共に、何点かの
サッカーグッズが残る事になると思う。

先日、友人のクミちゃんがサッカーボールを送ってくれた。ありがとう!
早速、ドイツ大会の公式グッズが、今、目の前にあると、いよいよドイツ大会に
突入したのかなーとか思うよね。
組み分け抽選会も終わって、これからチケットを獲得するために様々な手段を考えたり、
ドイツでの夢路の行程を考えたり、VISAカードからマスターカードに変えたりと・・・
行けるかどうか分からないけど・・・。

それでも、俺の中ではドイツ大会の始まりを意味する、
キックオフホイッスルみたいなプレゼントでした。
本当にありがとう。


〔 ドイツ大会の公式ボール! 2号球 〕


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

WORLD NO1 FOOTBALL CLUB ~ São Paulo F.C.!! [我が心のFootball]



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
 
  São Paulo F.C.1935
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

TOYOTA CUP [我が心のFootball]


2002年の2月。São Paulo F.C.のモルンビースタジアムのある大都市サンパウロ
旅していた香から届いた絵葉書がこれ。

カナダからアルゼンチン・ペルー・ボリビア・ブラジルと旅していた香だから
俺の住所のメモなど持ち合わせてなかったんだろうが、
東京都渋谷区・・・・・・
「郵便やさんへ 情報不足でごめんなさい。もし住所が判明しない場合は破棄してください」
地球の裏から届いた絵葉書を見ながら、日本の郵便局員も
完璧な仕事をするもんだと感心した事を思い出す。

「ついに来てしまいました!憧れの南米!近くの小さなグランドで皆が
サッカーをしているのを見ていると 自分がBRAZILに居る事に実感が沸いてきたよ・・・」

国民の大半がFUTEBOLを愛してるBRAZIL。
また、英国LIVERPOOLでもFOOTBALLを愛している。

TOYOTA CUPがなかったらJリーグも今の代表も無かったっと思う。
TOYOTA CUPが日本で開催される幸せ!
ありがとう TOYOTA CUP

熱狂!! LIVERPOOL.F.C VS São Paulo F.C

 

↓ TOYOTA CUP HISTORY 1981-2004

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

         
92年、ミューレルの切り返しに柔軟な身のこなしで飛び込んだライーのゴール!
93年、圧倒的ミラン人気の中、ミランを遥かに凌駕していたSão Paulo F.C.!
ベンチに座るインカムをつけてコンピューターをフルに活用するスタッフや、
名称テレ・サンターナ監督の交代を含めたBRAZIL FUTEBOL!
美しすぎる攻めの采配・・・
何から何まで俺にはプロフェッショナルに映った・・・


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

LIVERPOOL FC [我が心のFootball]


     THIS  IS  ANFIELD
 
YOU'LL  NEVER  WALK  ALONE !!

WHEN  YOU  WALK
THROUGH  A  STORM
HOLD  YOUR  HEAD
UP  HIGH
AND  DON'T  BE  AFREID  OF  THE  DARK
AT  THE  END
OF  THE  STORM
IS  A  GOLDEN  SKY
AND  THE  SWEET  SILVER  SONG  OF  A  LARK
WALK  ON
THROUHGH  THE  WIND
WALK  ON
THROUGH  THE  RAIN
THROGH  YOUR  DREAMS  BE  TOSSD
AND  BLOWN

WALK  ON 
WALK  ON
WITH  HOPE  IN  YOUR  HERT
AND  YOU'LL  NEVER 
WALK  ALON  !
YOU'LL  NEVER  WALK  ALON  !!
WALK  ON !!
WALK  ON !!
WITH  HOPE  IN  YOUR  HERT
AND  YOU'LL  NEVER 
WALK  ALON  !!
YOU'LL  NEVER  WALK  ALON  !!


FOOT BALL

       生き死にの問題じゃない・・・

  
                     
                                 もっと重要だ・・・



                   LIVERPOOL  名伯爵 BILL.SHANKLY
 
 
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
                               


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

São Paulo F.C. [我が心のFootball]

               


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

名前も知らないけど好きだった・・ [映画 & 音楽 + TV]


     〔少年時代のヒーロー アルディレス〕

正確に言うと当時は名前も知らず、サッカーに心を奪われてからその人の名前を知った。
オズヴァルド・アルディレス (Osvaldo Cesar Ardiles)
1978年アルゼンチン・ワールドカップ優勝メンバーの中軸。

小学生の頃、通っていた小学校ではキャプテン翼ブームも手伝いサッカーが
一番の遊びだったが、俺のクラスの友達はジャッキー・チェンに夢中になり、
何度か映画に誘われ見に行ったけど、正直そんなに楽しい時間ではなかった。
ある時、隣のクラスの友達が、『楽しい映画がやってるよ』と、声を掛けに来てくれた。
その映画が“勝利への脱出”だ。

この映画は第二次大戦中、捕虜になった連合軍兵士とナチスドイツ軍のサッカーの
試合中に脱走を試みるという内容だが、何よりサッカーシーンが印象的で、
初めて見た時から大好きな映画となっていったのだ。その後 自転車を飛ばし
合計3回も映画館に足を運ぶ事になるのだが、
いつも「早く試合始まらないかなー」とか思って見ていたのを覚えてる。
連合軍には王様ペレがいて、俺達が知っている名前といえばやっぱりペレぐらい。
しかも最後にとんでもないオバーヘッドでゴールを決めるなど大活躍!
一緒に見に行っていた友達達は『ペレ格好いいよなー』とか言っていたけど、
俺が大好きだったのは、この見た事もないプレーを激闘の中で優雅に決めた
連合軍 の8番だった。









このヒールリフトで敵を抜き去る瞬間を待ち望み、決まった後には何とも言えない
満足感と喜びが来る。
イギリス人なら“ YES !! ”
南米なら“ OLE !! ” そんな瞬間だ。


時が経ち大人になり見直してみる。
当時には分からなかった事が結構分かるようになる。
ナチスに捕虜になっていた旧ユーゴやポーランドの東よりの
人々に(サッカー選手にも)対して迫害がひどかった事。
試合が行われたパリで試合中にファンが連合軍選手を後押しするように
歌った歌が、現在のフランス国歌 革命曲『ラ・マルセイエーズ』
だった事。
もちろん参加している当時のスタープレーヤーの事なども。


銀幕の中の憧れの人だったヒーローはとても優しく、
20年以上経った今も俺のヒーローに変わりない・・・




思い描いていたより、もっと素敵な人だったからだ・・・


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

がんばれ あやかちゃん!! [我が心のFootball]

インターネットで調べ物をしたり各サイトを見て、楽しさや便利さを実感した事は
何度もあったけど、サッカーネタなどで名前を伏せているからいい事に、
あまりにもひどい誹謗中傷や荒れ方を目にするのにうんざりしていた時にブログを
始めだした。
実名にしたのもインターネットの世界の言葉に少しでも責任を持ちたかったから。

ブログを始めて最初は面白半分で進めていたけど、
日々の時間に追われると更新が面倒になったりしてきた時もある。
第一、普通に生活していて毎日ネタがある訳ではない。

タイムリミット寸前に集まった目標金額の1億3千万円。
普段はどうでもいいブログだが、今回はじめてブログをやっていて良かったと思う。

『家族三人でマイアミで頑張ってきます。』
              神達良司・宏美・・・

大変な手術だと思うけど、1996年あの夏のマイアミのように
成功を祈っていれば絶対に大丈夫だと思う。

がんばれ あやかちゃん!!

 


リンクへのたくさんのアクセスありがとう御座いました。



AM9:40 [今日の・・・]

天現時から救急車で厚生中央病院へ

入院した・・・ 手術した・・・ 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。