So-net無料ブログ作成

AFC ASIA CUP 2007を終えて思うこと [我が心のFootball]

今回のアジアカップは、オーストラリア戦を終えた時点での、ある程度の満足感しかなかった。
そして大会を終えた今は?足りない部分が見えた?これからの課題が明確になった?
さてさて、いったい、何だろうこの脱力感は・・・

心のどこかには、日本はアジアで1位になれる。日本はアジアで1番強い。
もっと掘り下げると日本はきっとアジアカップでなら、優勝もしているし、
なんとなく優勝しそう?

日本代表ってそんなに強かったっけ?実力も伴っている? ←自問自答
A:今の日本は強くない、そして今ままでも決して強くはない。

これで良いと思う。。

その時代その時代で爆発的な強さや、執念を見せたときもあったが、アジアレベルを
超越しているわけではなく、むしろアジアをギリギリで勝ち世界に出ていた。

でも何時からか日本代表は、自国開催も含むワールドカップにも3大会連続で出場して、
アジアカップでは二連覇を成し遂げ、三連覇をも狙える立場にあった。

日本代表は強いと錯覚している部分がないといえば嘘になって、
時にアジアでなら、日本では敵は無しぐらいに思っている自分もいた事もある。
サッカーをとても簡単に考えていた?これは、あんまり無いけど・・・。
だから、セルフコントロールをしてでも、アジア軽視はするなと言い聞かしていた。

日本代表には誰もが感じているであろう可能性が多分に秘められてるだけに、
このような結果に終わると、様々な所で、耳を覆いたくなる言葉が聞こえてくる。
もう慣れたけど(^^)

アジアカップを終えて思うこと・・・

やっぱり、日本代表と同じ気持ちでありたい。それも自分の決めたスタンスで信念を持って。

結果が伴わなければ罵声を浴びせられるのもしょうがない。
戦いに挑む時は自分の気持ちも高めて挑み、苦しい時には、一緒に苦しめばいい。

今回、羽生がPKを外した後の涙を見た時、あんなにがんばっていたんだって思ったし、
その気持ちを見てなかった俺は、選手とは全然掛け離れた気持ちでアジアカップを
眺めていただけだったと、再認識した。

日本はワールドカップには絶対に行かなければ未来に繋がらない。
だから無観客でタイコを持ってバンコクまで行く気持ちにもなれた。
でも、その後の時間はどこか人任せで、今はオシム任せ。

少し歳を重ねたせいもあって時間的な制約も増えている。
それでも、本当に代表チームが苦しい時にはやっぱり一緒に戦いたいし、
勝利を手にしたら、喜びを一緒に分かち合いたい。

頭でっかちになっていた日本代表とは今日でバイバイ。
2010年まで一歩一歩、駆け上がればいい。
日本代表チームと同じ気持ちで厳しい戦いを乗り越えて
南アフリカで世界を相手に喜びを爆発させたい。


日本代表チームと同じ気持ちで・・・


今までがそうであったようにね・・・




 


nice!(11)  コメント(13) 
共通テーマ:スポーツ

AFC ASIAN CUP 2007 [我が心のFootball]

 

ニッポンのアジア・カップが終わっちゃいましたね。
三位決定戦が日韓戦だからといっても、終わりは終わり。
日本は準決勝でサウジアラビアに2-3で負けてしまいました。

今回の敗戦が意味するものは何なのか?

これは僕が思う、こうで、あってほしい、という願望から紐解く事にしました。

① まず、その前に皆さんはどちらのサッカーが好きですか?
A: 鉄壁の守備で相手の攻撃をシャットアウト。1-0で勝つサッカー
B: 相手の攻撃にゴールを2度許すが、それを上回る攻撃で3点取るサッカー
(毎試合3-0で勝てと言いたいけど、サッカーの世界ではブラジルですらありえない?)

② それと、あなたが監督だとします。勝利する為に、あなたはどちらから指導しますか?
A: 守備から。ディフェンスを万全にする事から指導する。そして攻撃。
B: 攻撃から。オフェンスに重点を置き、ゴールに結びつける。その中で守備をする。

おそらく千差万別の考えになるでしょう・・・

僕の答えは(僕が見たいサッカー)
①はB。 
②は昔はAでしたが、今はBです。いざ教えるとなるとBの方が難しいと思うけど。。

これは、個人のサッカー感みたいな物でしょうけど、結構、正直な自分のサッカー感が
表れると思います。

おそらく、オシム監督はもっともっとサッカーを細分化していて、
様々な要素の結晶が答えになるのでしょうけど、一年間の指導を見た感じでは、
なんとなく①はB、②もBに近い、僕が勝手に見たいサッカーを教えてくれてる気がします。

前監督のジーコ監督も前々前任者のファルカン監督も形にはならなかったけど、
思い描くチームの理想はきっと、近いものだったのかなと思います。
現役時代にはジーコ、ファンルカンは共に名将、故テレ・サンターナ監督の指導で、
事実、実践していた訳だし。。
そして、74年大会で革命を起こしたオランダの故ミケルス監督が完成させた
トータルフットボール。その後74年のオランダの中心だったヨハン・クライフも
現役引退後にバルセロナを率いて世界を魅了するサッカーを展開させた。

そう、見る人を魅了するサッカーこそ、僕が観たいサッカーで、
そのサッカーはやっぱり2点取られても3点取るサッカーなのです。
友人の洋ちゃんの口癖でもあったけど(^^)

オシム監督のここ1年間の集大成と言ってもよい2007年のアジアカップ。
3点取られて、2点しか奪えなくて大会を去ってしまったけれど、
あと2年半後にオシム監督がニッポンに何を植えつけてくれるのかを、
今はどうしても期待してしまうかな。

もし、2点取られても3点取るサッカーでアジア予選を乗り越えて
2010年、南アフリカの舞台に日本が立てたなら、
そして、観る人々を魅了するサッカーで、日本がワールドカップに挑んだら・・・

きっと胸を張って青いユニホームが着れると思う。

願わくば、オシム監督の口から発せられた、
「日本のサッカーのスタイルを確立したい」
観る人々を魅了するサッカーが日本のスタイルになってくれたなら・・・

今回の敗戦は、その過程で起こりえても不思議ではない敗戦で、
この経験と敗れ去った現実を、次の過程に上積みしていければいいと思う。


そして最後に、初戦のカタール戦後にロッカールームでオシム監督は
「俺はプロとして命を賭けてこの試合に臨んだ。お前らはアマか。
オレと同じ気持ちで試合に臨んだのか!!」 と選手に激しく問いただした。
1-1のドローで追い込まれはしたが、最高のスタートを切っただけに残念だった。

最後、サウジアラビア戦でチームとして、その気持ちを出し切ったように
僕には映らなかったから・・・




nice!(8)  コメント(15) 
共通テーマ:スポーツ

オージーにASIAの厳しさを! そしてサウジアラビアと・・・ [我が心のFootball]

僕たちの代表がオーストラリアを退けた・・・ 2006以降、重苦しい時間が長かったけど、
その一つは取り除いてくれた・・・ そして戦いに素直に感動できた。

↓ 先日オーストラリアの渡辺とケイムからもらった電話で、ケイムとビ-ル1ダースを
  掛けた。そして、その数日後に届いたメール(^^)

Cam kara no message desu.
Konkai Nihon wa lucky dattanettesa.
makeoshiminanoyo! hahahahahaha
Tsugi ni autoki, Beer youi shiteokuttesa!
Ja- business mo private mo ganbatene-!
Kumiko

アジアの各国もオーストラリアという強国がアジアに所属して、
我が物顔で簡単に優勝をさらって行く・・・
そんな悔しい思いはしたくはなくて、そのオーストラリアに、
「アジアを甘く見るなよ!!」
アジアの厳しさを叩き込んだのが僕たちの代表だった。
そして、誰もが失意のどん底にあった一年前のあの日も同時に払拭してくれた。
オーストラリアもこの屈辱をバネに、次に挑んでくる時は相当な決意をもって挑んでくるはず。
日本も決しておごる事なく、迎え撃ってほしいよね。日本なら大丈夫!! 

地獄から這い上がって来た僕たちの代表はそんなにヤワじゃない!!

準決勝、次の対戦はサウジアラビア!!
ウズベキスタン戦を見た限り、相当な攻撃力とパフォーマンスを持ち合わせた、
間違いなくアジアでトップレベルにあるチームとなっていた。
スピードに関しては、攻撃に移った局面、局面と限定して語る上で、
無理のない流動的な動きの中で、日本の1.3倍くらいの速さに感じるアタックを仕掛けていた。
そして、2点目につながった。

日本戦でも出場の機会が与えられるであろう30番のアル・モーサの
飛び出しのスピードはアフリカのトップ・プレーヤーと遜色がない。
フリーにするのは非常に危険なプレーヤーの印象も同時に受けた。
アル・モーサを例に出したけど、サウジアラビアはチームとしてのスピードも備えていたから
マンマークからゾーンへと受け渡しが鍵になるような気がしてならない。
日本も同じスタメンで行くとしたら啓太と憲剛のボランチの2人には
今以上の質の高いプレーをどうしても求めてしまうかな・・
特に憲剛は日本の攻撃の際、大きくポジションをとる動きが必要になっていそうだから、
その部分を啓太とバックラインでケアしていく事が大事かも?
まー、これは、どうでもいい話だね(^^)

でも、キーパーのムサイリは前正ゴールキーパーのアル・デヤイエと比べると
ファーサイドのハイボールの処理などかなり隙があるように映った。
今大会、日本はそのファーサイドから3点取っている。
横の動きは鋭かったから自信持っていそうだけど、チャンスは充分あると思う。

準決勝の、このステップも決して楽ではないと思うけど、
萎縮する事無く、思いっ切りダイナミックな日本を見せてもらいたいですね。

相手はサウジアラビア・・・


ここ最近のサウジの中で1番破壊力があるように映った90分だった・・・


nice!(7)  コメント(65) 
共通テーマ:スポーツ

オシム監督とペナルティーキック [我が心のFootball]

民族同士が対立し、激しい内戦に発展した旧ユーゴスラビアで育ったオシムは、
代表監督になると、プレスの猛抗議をものともせず、各民族の優れた選手を選抜した。
日本では到底考えられないことであるが、お互い殺し合うことになる民族をまとめて、
1つのチームにした。PK戦のエピソードは印象的だ。サラエボの国際試合で、
PK戦になったが、9人中7人が「自分は蹴りたくない」と申し出たのだ。
蹴って失敗したら、自分の共和国から何と非難されるか分からない、
という恐怖がそう言わせた。

その結果、自主的に蹴ると言った2人以外はすべてネットを外したという。
オシムは今、もうPK戦は見ない。ロッカールームに引き揚げる。
PK戦はもはや監督の仕事ではない、という信念からだそうだ。このあたり徹底している。
平和な日本でノホホンとやってきた選手にとっては、こうした監督のくぐりぬけてきた
苦難そのものが想像外だろうが、そうした苦しい経験から編み出される確固たる
信念はやがて、選手にも伝わるだろう。そして、選手を逞しく鍛えていくだろう。

                                 木村元彦著 「オシムの言葉」より


日本のジャーナリストは、まだまだ、オシム監督の手のひらで踊らされているよね。

追記
僕自身とても旧ユーゴに惹かれているときがあった。96年にはしばらくの間
旧ユーゴでサッカーに携わりたかった。
今どうしているんだろう?
レッドスター・ベオグラードでサッカーの仕事をするのが夢!そう言い切って旧ユーゴに渡り
一生懸命勉強していた、あの女の子は・・・数年後にはNATOの空爆もあったわけだから・・・。

当時は旧ユーゴ関係の書籍を探すのも、とても大変で古本屋で見付けては即購入。
そんな繰り返しで読みあさっていた。こと、旧ユーゴのフットボールに関する日本の書籍は
ほとんどなくて情報量はゼロに近かった。有るとすれば、
7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家と
お決まりの民族(紛争)的な内容の本がほとんどだった。

98年に木村元彦の“誇り”が出版された。旧ユーゴ、ストイコヴィッチの事などとても
簡潔に、そして丁寧に作られた日本で発売されたサッカー本の名作の一つである。
後に最悪のネーミングで発売した“悪者見参”は内容はともかくデリケートなバルカンの背景を
更にマイナスに写す広告塔になってしまたったけど。
誇りを読み終えて参考文献に目をやるとナンバーなど週刊誌の部類を除き
家の本棚で眠っている実に7冊がダブっていた。旧ユーゴの資料的な書籍は本当に少なかった。


同時期に現在フォトコラムを書いている宇都宮徹壱や金丸知好も旧ユーゴに心惹かれた
ライターだが、木村元彦はじめ、誰もが一冊の本に目を通している。
“ユーゴ紛争”という本棚で埋もれてしまいそうな小さな一冊。
この本は旧ユーゴを知る上では誰もが目を通す日本におけるバイブルである。
数冊読み比べただけでこの本の出来の良さがわかり、作者の旧ユーゴの生きた情報量に
脱帽する。
その作者は、間違いなく当時日本で旧ユーゴに関しての第一人者の一人だった。

その作者とは現在オシム監督の通訳をしている千田善である。

千田善が書き上げたフットボールの書籍にも目を通してみると良い。

どれだけ彼が旧ユーゴとフットボールの世界に精通しているか・・・
日本サッカー協会はコーチと通訳という関係の人選ではパーフェクトだと思う。

それにしても日本のマスメディアは幼稚である・・


今度は、その千田善がロッカールームで流した涙を考えてみようか?




オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

  • 作者: 木村 元彦
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本

ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇

ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇

  • 作者: 千田 善
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/10
  • メディア: 新書


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

オーストラリアはアジアだ!! [我が心のFootball]

携帯電話に“通知不可能”という着信があった。
オーストラリアのCam(ケイム)からだ。

『ハ~イ元気?』 
『オーストラリア負けません』 

同じ小学校の友人の渡辺。渡辺は現在オーストラリアに永住権を持って暮してる。
ケイムは、その渡辺の彼氏。

今年の五月に2人で日本に遊びに来た際に意気投合。
ケイムはとてもいい奴だった。

そのケイムと2人から電話があり、2人はこれから現地のスポーツバーに観戦に
観戦に行くらしい。渡辺にとっては相手国の完全にアウェーの中で観戦(笑)
まー、彼女もエネルギッシュな子だからオージーも下手に絡むととんでもない事に
なるけど(^^)

日本はオーストラリアに負けねーぞ~
たのむぞ!!今回は特に・・・


なぜなら負けた方が次回再開した時に、ビールを1ダースおごる約束を
ケイムとしたからだ。


nice!(3)  コメント(50) 
共通テーマ:スポーツ

U-20 JAPAN NATIONAL TEAM 2007 CANADA [我が心のFootball]


U-20 JAPAN NATIONAL TEAM 2007 CANADA 

躍動する君たちのFOOTBALL

胸を張って帰って来い!!

カナダ・ビクトリアの人々の心を惹きつけたチームなんだから

そして君達はここで終わりじゃない・・・



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。